スマートフォンサイトへ

MASAKARI-鉞 MS4000Jのすべて

目的地は変えなくて良かったはずだ。
触れた瞬間、いつもと違う場所へ向かってみたくなる。この感触がMASAKARIの魅力だ。
自走式薪割り機はあなたの活動範囲を大きく拡げる。いつもの場所へ向かうにも、理想の場所に向かうにも、
MASAKARIは素早く、そして軽快に移動する。40トンに到達する破砕力を
あなたの思う場所で体感して欲しい。実現するのは
JAPAN BRANDにこだわったMASAKARIだけだ。

MASAKARI-鉞 MS4000Jの使い方など動きをご覧いただけます。


MASAKARI-鉞 MS4000Jの基本操作がご確認いただけます。


他の薪割り機とは大きく違う自走シーンのイメージ動画です。

基本装備

自走式薪割り機MASAKARI鉞

自走式

目的地はどこでもかまわない。思う道を移動し、思う場所で作業する

走行・回頭・旋回

行・回頭・旋回

克服したかった薪割り機の重さ。自走し旋回するMASAKARIには無用の心配です。後述のデッドマンクラッチを握り、小型薪割り機でもやっと移動させていた道をMASAKARIは軽々移動します。土道、砂利道、砂道など未舗装路を移動し目的地に到達すれば新たな作業フローが生まれます。作業者を選ばない、目的地を選ばない自走式薪割り機MASAKARIです。

変速は一旦停止で。

変速は一旦停止で

変速は一旦停止で

旋回レバーで思いの方向へ

旋回レバー

左右操舵が可能。どちらか一方のレバーを握ることで、望む方向に機敏に回頭します。300kgを超える機体には欠かせない機能で、重い機体を左右に振ったりせずに方向変換が行え、作業者の負担を軽減します。旋回レバーはデッドマンクラッチを握った時だけ作動します。
ms4000j
大きなカーブを描く場合は、片側の旋回レバーを数回に分け握ることで思い描いた軌道を進みます。

軽トラックに車載が可能。
登坂力もあり、
積み下ろしもラクラク。

車載

車載
作業場がガレージのすぐそばとは限りません。向かうは山の中かもしれません。2、3人がかりで積み下ろしていた薪割り機も、登坂力がある自走式ならラダーがあればトラックに車載が可能です。全長が1850ミリなので軽トラックで現場への移動も可能です。

不整地もラクラク走行。

不整地もラクラク走行

自走式であることを遺憾なく発揮するのが不整地です。滑りづらいクローラで大地をしっかり掴み目的地に向かいます。人力では大変だったぬかるみや砂地、登り坂も軽々進みます。ほんの少しの移動でもその恩恵を感じることができます。

縦横可変

イージーリフトシステム搭載。ガススプリングとリフトハンドルで姿勢変更の重さを克服

イージーリフトシステム

イージーリフトシステム

一体化されたシリンダとVビームの重心をベストな位置に設定。しかし縦・横への姿勢変化には大きな力が必要です。その負担を和らげるためのイージーリフトシステムです。計四本のガススプリングとシリンダに取り付けられたリフトハンドルでこれまでにない軽い感覚で薪割り機の姿勢変化が可能になりました。サブスプリングは水平姿勢に戻す際の衝撃を吸収し、機体を保護します。

ガススプリング

ガススプリングが支えます

ガススプリングが支えます
内部に高圧ガスとオイルを封入した空気バネの一種。リフトハンドルを持ち上げた瞬間から機体を支持し作業者の負担を軽減します。

ヨコ割り

ヨコ割り

ヨコ割り丸太を荷台から水平移動してビームへ。立ったままの姿勢で薪を割れることは身体への負担も少なく作業が行えます。荷台の丸太を一気に薪にするには横型での使用がとてもラクです。

タテ割り

タテ割り

タテ割り破砕力が40トンあれば太く重い丸太も得意です。しかし、持ち上げるには力が必要です。縦型なら薪割り機まで重い丸太もコロコロ転がすだけ。後は丸太を起こすだけで薪割りがラクに行えます。タテ型作業は小さい椅子を用意するととてもラクです。

V構造と安全性

新構造のビームで強度は大幅に向上。デッドマンクラッチの搭載で安全性も向上

V構造

仮

V構造を採用することでビームの四隅に集中していた負荷を分散。格段に強度を増すことに成功しました。落下防止用のクレードルを搭載しなくても丸太の安定を図ることも出来ます。ウエッジもビームの構造に合わせて下部をV構造に変更、薪割り時に発生する左右のブレも起こしづらく、シリンダへの負荷も減り損傷のリスクを低減します。

VビームとVウエッジ

VビームとVウエッジ

構造変化でビームの強度をアップ。ビーム単体の軽量化も実現しました。フラットなビーム上で落下の危険もあった丸太をV構造でしっかり受け止め安心して薪割りを行うことが可能です。また、Vビームに合わせウエッジの下部をV構造に変更。これまでの薪割り機のような左右のブレによるウエッジ、シリンダの損傷のリスクを低減しました。ブレが少ないのでシリンダの持つパワーを欠くことなく丸太に伝えます。

デッドマンクラッチ

デッドマンクラッチ

デッドマン装置を装備した走行クラッチです。エンジン始動後、クラッチを握ることで薪割り機は走行を開始します。もし、作業者が意識喪失などでクラッチから手を放した時、また危険からとっさに手を放した場合に自動的に走行を停止します。薪割り機移動後に通常停止する場合もクラッチから手を放すことにより本機を停止させます。

ストリッパー

ストリッパー

ストリッパーウエッジに刺さったまま引き戻された丸太からシリンダを守ります。丸太がウエッジに刺さったまま戻り始めた場合は操作レバーをニュートラルに戻し作業を止め、掛矢・小槌でウエッジから丸太を外し作業を再開してください。

ビームロック

ビームロック

移動時、横型使用時にVビーム・シリンダを固定し安全に作業が行えます。

スプリングガード

スプリングガード

ガススプリングを保護するプレートです。薪が落下し直接ぶつかるのを防ぎます。

油圧システム

MASAKARIに適したシステムを開発。類まれな大パワーを手に入れた

油圧制御

油圧制御

コントロールバルブ、シリンダ、ポンプのKYBとの共同開発は、この薪割り機に大きく新しい力を与えてくれました。油圧システムの性能向上は機体剛性の見直しにもつながり、しなやかで力強い油圧システムを搭載したMASAKARIの破砕力は40トンに到達します。

シリンダ

コントロールバルブ

パワーとサイクルタイムを決定する薪割り機の心臓部。ウエッジ(ロッド)の推力・速度はシリンダ径、ロッド径、流量などから厳密に決定されます。ポンプから送られた圧油はシリンダの後部から入りピストンを押し大きなパワーを生み出します。

コントロールバルブ

シリンダ

レバー操作で油圧システム内を循環する作動油の経路を変更する装置。薪割り作業では繰り返し操作されるため、リーク漏洩耐久試験と作動耐久試験を幾度となく繰り返し、綿密な設計・製造を経て製品化された耐久性・信頼性あるコントロールバルブです。

ポンプ

ポンプ

タンク内の作動油を汲み上げ、油圧システム内に循環させる装置。エンジンから動力を得て作動します。エンジン始動中は絶えず作動し、コントロールバルブの操作で中立・伸び・縮みに対応する各経路を作動油が循環します。2ステージ型のポンプは、負荷によりオイルの流量をコントロールし、シリンダの速さと強さを均一に維持します。