85年にわたりパイオニアであり続けるスチール(STIHL)

 スチール(STIHL)社は創業の時から、単に製品の設計と製造をするだけではありませんでした。スチール(STIHL)社のエンジニアは、作業者がより効率的に働く手助けとなる新しく実用的な製品を作るために、先見のアイデアと革新的な技術で製品を開発し続けています。その結果、85年の歴史を経て、スチール(STIHL)の名前はヨーロッパに留まらず、ロシア、アメリカなどの世界各国で最先端技術の代名詞となりました。
 今日、スチール(STIHL)社は全世界に販売子会社を持ち、スチール(STIHL)製品は160ヶ国以上の国々で販売されています。そして、販売台数世界No.1のチェンソーブランドの地位を確立しました。

スチール(STIHL)社イメージムービー

スチール(STIHL)社 歴史

 最初のチェンソーは1926年に設計されました。重さ約63.5kgの電動チェンソーでした。開発を続け、重さ48kg・二人用の電動チェンソーは市場に投入されスチール(STIHL)の名前は瞬く間に人気になります。それは、プロ仕様チェンソーと同義となり、その後のスチール(STIHL)社発展の礎になます。しかし、しばらくして世界恐慌と重なりスチール(STIHL)社の成長はゆっくりとしたものになりました。当初スチール(STIHL)の名は東ヨーロッパやロシアに広まります。開発は続けられ、重く二人がかりだったチェンソーをコンパクトで強力なエンジンを搭載し、軽量で使いやすく優れたデザインを身にまといます。
 1970年代半ばには積極的に世界進出を図り会社を拡大します。需要の多くは建設や造園市場からのものでした。プロフェッショナル市場の成熟とともに、スチール(STIHL)社は各種トリマー・カッター、刈払機、ブロアー、高圧洗浄機など個人ユーザー向けの製品を開発していきます。2008年には中国チンタオに最新の生産施設をかまえ現在に至ります。

スチール(STIHL)社 製品開発の歴史

スチール(STIHL)社 製品開発の歴史

発電機まるごと修理
お得な発電機修理は
発電機まるごと修理


鉞認定店募集


プラウのブログ毎日情報発信中


薪割り機販売代理店募集


スチールショップ情報